藤沢市の戸建て > 株式会社湘南エステートのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの金利の特徴とメリット・デメリットとは

住宅ローンの金利の特徴とメリット・デメリットとは

≪ 前へ|茅ヶ崎市の観光アプリちがさき散歩とはどんな機能が付いたアプリ?   記事一覧   茅ヶ崎市のおすすめホームセンター&インテリア家具販売店6選!|次へ ≫

住宅ローンの金利の特徴とメリット・デメリットとは

皆さんはマイホームを購入の際、住宅ローンには複数の種類があるのをご存じでしょうか?

 

今回は住宅ローンを組む場合に必要な、金利の特徴・知識を解説していきます。

 

住宅ローンの金利の特徴とメリット・デメリットとは


住宅ローンの金利の特徴およびメリットとは

 

住宅ローンの金利には「変動型」「全期間固定型」「固定期間選択型」3つのタイプがあります。

 

各種類のタイプとメリットを理解することで、家計にあった適切な住宅ローンを選ぶことができます。

 

これらの種類のメリットについて紹介します。

 

<変動型のメリット>

 

最初は設定が低めの利率になっているのが変動型の特徴です。

 

景気があまり変わらず、低金利のまま返済ができればお得となるでしょう。

 

<全期間固定型のメリット>

 

支払いの開始から終了まで利率が変わらないのが全期間固定型の特徴です。

 

これからの日本は景気も変わりやすい変動型より支払額が少なくなる可能性も高くなります。

 

それに比べ、全期間固定型は利率が変わらないので将来のお金の予測がしやすいのが利点です。

 

<固定期間選択型のメリット>

 

設定した期間、利率が変わらないのが固定期間選択型の特徴です。

 

利率が固定されているので安心感があるのではないでしょうか。

 

例えば10年間で設定した場合、子供にお金のかかる時期に返済額が変わりません。

 

そのため、支払額の予測がしやすくなります。

 

住宅ローンの金利の特徴およびデメリットとは

 

3つの住宅ローン金利のメリットを紹介しましたが、どちらにもデメリットもあります。

 

<変動型のデメリット>

 

変動型の危険なところは、将来支払額が予定より増える可能性もあります。

 

最初は利率が低くても途中で上がることも考えられます。

 

金利が上昇したことにより、予想していた金額より返済額が多くなり、ローンの返済に苦しむこともあります。

 

余裕資金がある上で変動型を選択しましょう。

 

<全期間固定型のデメリット>

 

他の種類に比べ始めから利率が高いことがデメリットになる場合もあります。

 

しかし景気が良くなってきた場合、変動制の利率が高くなるので全期間固定型の方が良い場合もあります。

 

<固定期間選択型のデメリット>

 

金利を固定期間選択型にした場合、変動型より利率が高くなってしまう事です。

 

低金利が続いた時は変動型より、返済額が多くなることがあります。

 

まとめ

 

今回は住宅ローンを組む際の金利の特徴とメリット・デメリットについて解説しました。

 

住宅ローンを選ぶ際には、どの金利のライプが合うのか専門家に相談してみるのも良いでしょう。

 

皆さんも住宅ローンを組む際は特徴を理解して将来のライフスタイルにあったものを選ぶようにしましょう。


藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・寒川町でマイホーム購入をご検討中なら、私たち株式会社湘南エステートまでぜひお問い合わせください

≪ 前へ|茅ヶ崎市の観光アプリちがさき散歩とはどんな機能が付いたアプリ?   記事一覧   茅ヶ崎市のおすすめホームセンター&インテリア家具販売店6選!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 不動産売却
  • 友だち追加

  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社湘南エステート
    • 〒253-0111
    • 神奈川県高座郡寒川町一之宮1丁目5-28
    • 0120-973-469
    • TEL/0467-81-5104
    • FAX/0467-81-5204
    • 神奈川県知事 (1) 第30163号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る